これで合格!?司法書士の資格取得の勉強法

by admin on

自身の立場にあった勉強法を選ぶ

現在資格の中で密かな人気を誇るのが司法書士資格です。取得することで独立も十分可能なため、社会人だけでなく主婦などにとっても人気の資格ですが、その分難易度は非常に高く、場合によっては勉強法すらわからないということで諦めてしまう人も少なくありません。そのような事態を避けて合格するためにも、まずは次のようなポイントを押さえておく必要があります。まず挙げられるのが勉強法です。社会人には社会人の、主婦には主婦に合った勉強法が存在します。そのため自身の立場にとってもっとも良い勉強法を選ぶことが重要です。

どのような勉強法があるのか。

では自身の立場にあった勉強法とはどのようなものでしょうか。一般的に資格を取得するために必要な勉強法は、スクールへ通う方法と自宅での通信教育、更には市販の参考書を活用した独学と大きく分けて3つあります。そのどれもが大きなメリットを持っている反面、全くデメリットのない方法は存在しません。そのためそれぞれの勉強法のメリット及びデメリットをしっかり把握し、学習に役立てることが資格取得の近道となるでしょう。

勉強法のメリット及びデメリットを知る

まずスクールへ通う勉強法ですが、なんといっても効率よく勉強できるのが大きな利点です。一方拘束時間が長かったり、費用が高額といった欠点も存在します。次に通信教育ですが、自身のペースで行えるため、社会人などでも負担なく勉強することができます。反面自身でしっかり計画を立てなければならないため、人によっては全く勉強が捗らないこともあります。最後に独学で勉強する方法ですが、ほぼ費用をかけることなく学ぶことができます。その分自身で何らかの対策を行わなければ効率よく勉強することはできません。そのようにそれぞれの勉強法にはメリットが有る一方必ずデメリットも存在します。それらをしっかり押さえ、自身に合った方法を選ぶことをお勧めします。

司法書士の試験に合格するには、早い時期から対策に取り掛かることは勿論、専門性の高い講師からアドバイスを受けることが有効です。

Written by: admin